Image Credit:Former web3 gaming founders raise $2.5M for their NFT marketplace to retain users even when there ‘isn’t money to be made’

2022年のNFT売上高はまだ過去最高から88%減少していますが、Pallet Exchangeは、「Sei」というNFT取引にあまり知られていないブロックチェーンを使った新しいNFTマーケットプレイスを構築しています。共同創業者のKelvin WangとDavy Liは、NFTにはPFP(仮想プロフィール画像)以外の未来がまだあると投資家に確信させ、CoinbaseやMoonPayなどのエンジェル投資家の参加を得た250万ドルの資金調達ラウンドを行いました。彼らはNFTの未来に強い可能性を見出し、取引やフリップに対するユーザーの魅力を強調しています。また、Palletはユーザー保有を重視した新しいマーケットプレイスを構築し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることに焦点を当てています。それにより、大衆向けの良い取引体験を提供し、NFTのソーシャル要素と社会的な特徴を活用して、プラットフォームを成長させています。そして、これまでの成功を受けて、将来的にはアートNFTにも興味を持ち、大手パートナーと連携し、独自の体験を提供する予定です。


Pexelsによる写真提供

NFT(Non-Fungible Token)市場における新しい動きについて重要な情報があります。Pallet Exchangeが、ユーザーの定着を重視したNFTマーケットプレイスをSeiブロックチェーン上に構築しています。このマーケットプレイスは、EthereumやBitcoin、Solanaなどの大手ブロックチェーンに比べて取引処理が速く、取引手数料も低いとされるSeiを選んでいます。その結果、PalletはNFT市場において急成長し、Sei上でのNFT市場シェアの約99%を獲得しました。今年に入って取引高は2000万ドルを超え、1日あたり4万人から5万人のユーザーが利用しています。また、Seiブロックチェーンの開発者がEthereum Virtual Machine(EVM)開発者を引き付ける取り組みを行っていることも、PalletをSei上で展開する理由となっています。

引用元記事はこちら
Former web3 gaming founders raise $2.5M for their NFT marketplace to retain users even when there ‘isn’t money to be made’