Image Credit:Apple Suppliers Donate to Restore Fund for Sustainable Forests and Other Carbon Removal Projects

Appleは、台湾のTSMCと日本のMurata Manufacturingが、自然由来の二酸化炭素を取り除くプログラムに投資することを発表しました。TSMCは最大5,000万ドル、Murataは最大3,000万ドルを投資する予定で、資金はClimate Asset Managementが管理します。Appleは2021年にRestore Fundを立ち上げ、2023年にさらに2億ドルを追加投入しました。
Appleは、南アメリカの劣化した牧草地や農地に持続可能な認証を受けた働く森林を作る取り組みを支援するために資金を使っています。このプロジェクトは、世界中の木材需要の増加に対応しつつ、自然林への負荷を軽減することを目的としています。
Appleは、持続可能な森林を開発するために、ユーカリを植えたパートナーと、ブラジルの大西洋林に固有の熱帯硬木の持続可能な森林を開発する第三のパートナーと協力しています。Restore Fundは、生態系の保護と復元に焦点を当てた他のプロジェクトにも使用され、選定が進行中です。Appleは、2025年までに空気中から100万トンの二酸化炭素を取り除く目標を設定し、その達成が順調です。
Appleは、2030年までにサプライチェーン全体でカーボンニュートラルを目指しています。300以上のサプライヤーが、すべてのApple製品について100%再生可能エネルギーを達成することを目指すSupplier Clean Energy Programに参加しています。Appleは、パートナー企業にもApple関連の事業の脱炭素化を要請しています。


Pexelsによる写真提供

Appleは、持続可能な森林の創出を支援するためにRestore Fundを設立し、その資金を活用しています。TSMCとMurata Manufacturingがそれぞれ最大5,000万ドル、3,000万ドルを投資し、Climate Asset Managementが運用しています。このプロジェクトでは南アメリカの荒廃した牧草地や農地に持続可能な認証を受けた森林を創出することで、世界的な木材需要の増加に対応し、自然林への圧力を軽減します。Appleは2025年までに大気中から100万メトリックトンの二酸化炭素を削減する目標を掲げており、2023年までに2000万ドルの寄付を行っています。2030年までにサプライチェーン全体で炭素中立化を目指し、サプライヤーに再生可能エネルギーの達成を求めています。

引用元記事はこちら
Apple Suppliers Donate to Restore Fund for Sustainable Forests and Other Carbon Removal Projects