Image Credit:Zama’s homomorphic encryption tech lands it $73M on a valuation of nearly $400M

「ホモモーフィック暗号」という技術は、データを保護しながらネットワークや第三者にデータを送信するための暗号アルゴリズムを使用する複雑な技術です。しかし、この技術は資金調達の困難、複雑性による速度面の課題などがあり、普及が難しい状況が続いています。それでも、データリークや悪意のあるハッキングが増加する中、データのセキュリティを長期的に確保するための可能性を秘めており、この技術に投資家が注目しています。

フランスのスタートアップ企業が、Multicoin CapitalとProtocol Labsによる共同リードで、7,300万ドルの資金調達を達成し、企業価値が4億ドルに迫る評価を受けました。この企業は、ブロックチェーン取引や人工知能トレーニングなどのデータ交換に対するソリューションを提供することで、市場機会を見出し、GitHubで四つのライブラリを公開しています。

ホモモーフィック暗号技術は、世界的にもヨーロッパ企業としても最大規模の資金調達となっており、その市場機会や創業チームの優秀さから注目を浴びています。この技術は、プライバシーを保護するための次世代のアプリケーションを構築する鍵とされ、その開発の初期段階から画期的な進展を遂げています。

ホモモーフィック暗号技術は、セキュリティや暗号技術の分野での重要性が高まっており、現在はその処理速度の問題に対応しつつ、業界全体の成長を目指しています。現行のインフラでホモモーフィック暗号を利用するためのアルゴリズムや手法の開発を進めています。

Homomorphic encryption is a complex cryptographic technique that ensures data security as it moves through networks and third parties. Although its effectiveness in securing data is promising, its complexity also makes it slow and challenging for wide use. Startups like Zama are focusing on making homomorphic encryption a reality with significant investments to improve scalability and usability. Zama, with its research and development efforts, especially in blockchain and AI data exchange, aims to address market opportunities. With notable funding and a valuation of around $400 million, Zama has gained attention for its vital role in developing privacy-preserving applications. Collaborations with other startups in the field show a cooperative market approach towards growing the technology.

引用元記事はこちら
Zama’s homomorphic encryption tech lands it $73M on a valuation of nearly $400M