Image Credit:Apple’s Dan Riccio Reportedly Near Retirement After Vision Pro Launch

ダン・リッチオはアップルで25年以上働き、2021年に引退に近づいていることを同僚に伝えました。ジョン・ターナスがその後任となり、リッチオは新しいプロジェクトに注力する新しい役割に移ることになりました。アップルは、リッチオがほとんどすべての製品の設計、開発、エンジニアリングを主導してきたことを説明しました。リッチオはアップルに1998年に入社し、iPadハードウェアエンジニアリングの副社長として活躍し、2012年にハードウェアエンジニアリングの責任者に昇進しました。リッチオはアップルでの仕事を生涯の機会と語り、製品デザインやハードウェアエンジニアリングチームを率いる23年間を振り返り、新しいものを創造することに全力を注ぎたいと述べています。リッチオの引退時期は未定で、詳細はまだ調整中です。ビジョン・プロはアメリカで早くも発売され、今年後半に他の国々でもリリースされる予定です。


Pexelsによる写真提供

ダン・リッキオはAppleの元ハードウェアエンジニアリングチーフで、Mark Gurmanによると約25年以上勤めた後に「引退間近である」と同僚に伝えたと報じられました。2021年にジョン・ターナスがリッキオの後任としてAppleのハードウェアエンジニアリング部門のシニアバイスプレジデントに就任しました。同年、リッキオは新しいプロジェクトに焦点を当てる新しい役職に移行するとAppleが発表し、それがVision Proヘッドセットだとも言われています。リッキオはAppleの製品の設計、開発、エンジニアリングのリーダーであり、様々な新製品ラインにおいて革新をもたらすチームを構築しました。リッキオは2021年の退去時に、「Appleでの労働は生涯のチャンスであり、世界最高の製品を最も才能ある人々とともに作り上げることができました。」と述べました。リッキオは現在、新しいプロジェクトに全エネルギーを注ぎ込むことにワクワクしており、2021年初旬にアメリカでVision Proを発売し、さらに他の国々でも今年中にリリース予定です。リッキオの引退の具体的な時期はまだ作業中であり、詳細は未定とされています。

引用元記事はこちら
Apple’s Dan Riccio Reportedly Near Retirement After Vision Pro Launch