Image Credit:Apple Expanding Do-It-Yourself Repair Program to M3 Macs

Appleは自己修理プログラムを拡大する予定です。今後、M3 iMac、M3 14インチMacBook Pro、M3 16インチMacBook Proが対象になります。この修理プログラムでは、顧客が純正のApple部品や工具を購入し、修理を行うことができます。Appleはマニュアルも提供し、Appleの店舗や認定サービスプロバイダーを訪れることなくデバイスを修理できます。M3モデル向けの修理部品と手順が最近公開されたばかりです。修理プログラムは2022年に米国で導入され、ノートブックやデスクトップ向けの修理が可能でしたが、M3モデル用の部品と説明は今回初めて提供されました。修理手順や必要な工具などが詳細に紹介されており、M3 MacBook ProモデルとiMacのサポート文書がそれぞれ公開されています。現時点では、サポート文書に記載されている部品番号のうち、一部はAppleの自己修理ストアで利用できないものもありますが、近日中に追加される見通しです。AppleがいつM3 Mac向けの修理プログラム拡大を発表するかは明確でありませんが、随時情報が公開されることが予想されます。


Pexelsによる写真提供

Appleは自己修理プログラムをM3 iMac、M3 14インチMacBook Pro、M3 16インチMacBook Proに拡大する予定です。この修理プログラムでは、ユーザーが純正のApple部品や工具を購入できるようになっており、Appleはマニュアルも提供しており、Appleの店舗や認定サービスプロバイダーを訪れることなくデバイスを修理できます。2022年にAppleのノートブックとデスクトップ用に修理が提供されていましたが、M3モデル向けの修理部品と手順が今回初めて提供されました。修理プログラムのこれからの拡大については、具体的な発表時期が明確ではありません。

引用元記事はこちら
Apple Expanding Do-It-Yourself Repair Program to M3 Macs