Image Credit:Apple Spent More Than $10 Billion on Apple Car Before Canceling Project

アップルは直近の10年間で、Apple Car の開発に100億ドル以上を費やしました。プロジェクトは2014年に始まり、開発過程で多くの問題に直面しました。アップルの従業員の中には、このプロジェクトが失敗に終わる可能性が高いと感じており、内部では「Project Titan」ではなく、「タイタニックの惨劇」と呼ばれました。しかし、CEOのティム・クックはプロジェクトに賛成しました。
開発には研究開発への資金だけでなく、数千人のエンジニアや自動車エキスパートが関与しました。しかし、難易度が高かったため、自動運転機能を備える電気自動車は少なくとも10万ドルかかり、競争も厳しかったようです。
アップルはテスラのエロン・マスクとの買収交渉を行いましたが、最終的にはテスラを買収するよりも自社での製造が妥当と判断しました。しかし、自社の車プロジェクトでは適切なリーダーが見つからず、ソフトウェアや自動運転技術の開発が難航しました。その結果、プロジェクトは先週中止され、関わっていた2000人以上の従業員は他のチームに異動または解雇となります。
アップルはApple Car の教訓を生かし、AIを搭載したAirPodsやロボットアシスタント、拡張現実技術など他の製品に活かす予定です。詳細な報告はThe New York Timesで確認できます。
最後の10年間にわたり、Appleは「Apple Car」開発に100億ドル以上を費やしたと言われています。2014年にプロジェクトを開始しましたが、今週になって中止となりました。開発チームは自動運転車を製造するのは非常に困難であり、価格は少なくとも10万ドルになる必要があり、競合他社も非常に強力であると考えていました。Appleはテスラのイーロン・マスクと買収を検討しましたが、最終的に独自に車を開発する方がベターだと判断しました。最終的な理由として、自動運転機能を持つ車のためのソフトウェアやアルゴリズムを開発できなかったことが失敗の要因だったそうです。今後は、Appleは「Apple Car」プロジェクトで得た知見をAI搭載のAirPodsやロボットアシスタント、拡張現実などの他のデバイスに生かす予定です。

引用元記事はこちら
Apple Spent More Than $10 Billion on Apple Car Before Canceling Project