Image Credit:Game Developers Describe ‘Smell of Death’ Around Apple Arcade

Apple Arcadeに関する最新の報告書によると、一部のゲーム開発者たちは、サブスクリプションサービスの将来に関する懸念からApple Arcadeに不満を持っているということです。開発者の中には、Appleがテレビや音楽への投資とゲームへの関心の違いを指摘し、「会社の最高部にはゲームへの情熱と尊敬が必要であり、それが足りていない」と述べる声があります。Apple Arcadeは、初期段階では開発者に対して前払いがあり、ゲーム会社の多くにとって命綱となっていましたが、過去数年間でApple Arcadeからの支払いが減少しているとも言われています。また、Appleは開発者とのやり取りで独りよがりであると批判されており、ゲームのマーケティングサポートやApp Storeでの特集を得ることに苦労しているという声もあります。Appleは2021年4月にApple Arcadeを再起動し、多数のプロジェクトをキャンセルしました。Netflixがゲームサブスクリプションに参入したことで、AppleがApple Arcadeを再考する可能性があると考えられていますが、サービスの将来は不透明です。


Pexelsによる写真提供

報道によると、数人のゲーム開発者がApple Arcadeに不満を抱いているとのことです。開発者の中には、「会社のトップにはゲームに対する情熱や尊敬が必要であり、それが欠けている」と指摘する人もいます。Apple Arcadeは開発者に前向きな支援を提供していましたが、近年の支払い額が減少し、その算出方法も不透明との指摘があります。また、アップルはファミリー向けIPに重点を置くようになり、一部のゲームが徐々にサービスから姿を消していると言われています。そして、Apple Arcadeの将来には不透明な部分があると指摘されています。

引用元記事はこちら
Game Developers Describe ‘Smell of Death’ Around Apple Arcade