Image Credit:Here’s How Much It Costs Apple to Make a Vision Pro Headset

AppleのVRヘッドセットVision Proは、高級な素材のコストが含まれており、部品の総額は約$1,500。このうち、最も高価な部品はヘッドセット内の2つの1.25インチのmicro-OLEDディスプレイで、それぞれの目のために1つずつ配置されている。それらは合計で2300万画素を提供し、Appleはこれを”4Kテレビよりも多くの画素”と説明している。また、主なプロセッサであるM2とR1チップも高価で、合計で$240になる。
Appleは2024年に40万台未満のVision Proヘッドセットを製造する予定で、製造の複雑さから少ない数になると見込まれている。しかし、Appleはすでに価格が手頃な新しいバージョンのApple Vision Proの開発に取り組んでおり、そのデバイスのチップはiPhone並みになる見込みだ。また、より低解像度の内部ディスプレイや安価な材料の使用、他者が着用者の目の模擬描写を見ることができる外向きの機能の削除も考えられる。
さらに、Appleは2025年後半にも新世代版のVision Proを発売する予定とのこと。


Pexelsによる写真提供

AppleのVision Proは、AR/VRヘッドセット市場の上位に位置し、価格は$3,500から始まる。デバイスのコストの大部分は、”ボードの材料”に起因するとされ、そのコストは約$1,500以上と見られている。Omdiaの調査によると、Vision Proに使用されている部品はAppleに$1,542かかると推定されている。最も高価な部品は、ヘッドセット内部の2つの1.25インチのμOLEDディスプレイで、それぞれの目に1つずつ搭載されている。ディスプレイは合計で2300万画素を提供し、これは4Kテレビよりも多いとAppleは述べている。Omdiaによれば、Appleはそれぞれのディスプレイに$228、つまりヘッドセット1つにつき$456支払っている。
第二に高価な部品は、M2チップとR1チップである。M2はメインプロセッサであり、2022年のMacBook Airで初めて導入された同じチップである。M2はコンテンツの処理、visionOSオペレーティングシステムの実行、コンピュータビジョンアルゴリズムの実行、およびグラフィカルコンテンツの提供に責任を持つ。一方、R1チップはカメラ、センサー、マイクからの情報全てに責任を持つ。これらのチップを合わせて、Appleは合計で$240支払っている。
Appleは、製造の複雑さから2024年にはVision Proヘッドセットを40万台未満しか生産しないと、アナリストのMing-Chi Kuoが述べている。しかし、Appleはすでに価格が手ごろになる新しいバージョンのApple Vision Proに取り組んでいるとされる。新しいデバイスでは、iPhoneと同レベルのチップを搭載する可能性があり、内蔵ディスプレイの解像度を落としたり、より安価な材料を使用したりするかもしれない。視線検知機能を使用者の目のシミュレーションを見ることができる機能も削除する可能性がある。
BloombergのMark Gurmanによれば、Appleは2025年後半に次世代バージョンのVision Proを発売する可能性があると報じられている。

引用元記事はこちら
Here’s How Much It Costs Apple to Make a Vision Pro Headset