Image Credit:Apple Has ‘Explored’ a Smart Ring, Glasses, and AirPods With Cameras

最近の報道によると、Appleは健康やフィットネスに焦点を当てたスマートリングや、スマートグラス、カメラやセンサーを搭載した次世代AirPodsなど、さまざまなウェアラブルデバイスの開発を検討しています。しかし、これらのデバイスの実現については具体的な計画が進んでいるわけではなく、未来のリリースが不透明です。Appleはこれらのデバイスを通じて、より多くの健康やフィットネスデータをiPhoneと同期させることで、Apple Watchに代わる低コストの選択肢を提供し、既存の製品に競争力を持たせる考えです。特に、スマートグラスはAirPodsの代替品として機能し、スピーカーやカメラ、健康センサー、人工知能を組み込んだ製品も検討されています。しかし、これらのデバイスはまだ技術調査段階であり、実際のリリースは遠い未来になりそうです。
Appleは過去数年にわたり、健康やフィットネスに焦点を当てたスマートリング、スマートグラス、カメラやセンサーを内蔵したAirPodsのアップグレードなど、数々の新しい身に着けるデバイスの開発を検討してきました。しかし、これらのデバイスのうち、現在は特にスマートリングの開発については積極的に進めているとは言えないと報じられています。スマートリングは、Apple Watchよりも低コストで、ペアリングされたiPhoneと健康やフィットネスのデータを同期できる可能性があるとされています。スマートグラスも、高度なAR機能を搭載した製品につながるといわれていますが、現在はそれよりも控えめなバージョンの開発が考えられています。エアポッズにカメラを内蔵したものも検討されており、これにより日常生活をサポートするAI機能を提供できる可能性があると言われています。

引用元記事はこちら
Apple Has ‘Explored’ a Smart Ring, Glasses, and AirPods With Cameras