Image Credit:Insight Timer CEO Upset With Apple’s Abrupt Enforcement of App Store Rules

AppleのApp Storeのルールについて、Meditationアプリを提供しているInsight TimerのCEOが苦情を述べました。Insight Timerアプリは、有料の定期購読サービスで、ユーザーは年間60ドルを支払い、瞑想やヨガクラスなどにアクセスできます。このアプリでは、ユーザーが講師にチップを支払うことができ、Appleは最初はこのチップに30%の手数料を課さなかったが、後にデジタルコンテンツの購入として課金するように決定しました。
Appleは、Insight Timerがライブイベントや瞑想に対してチップを受け入れることに問題を提起し、これらの支払いをデジタルコンテンツ用の料金とみなしました。Insight TimerはAppleのルール変更に異議を唱え、交渉を続けましたが、Appleは一部の支払いをチップと認めましたが、ライブイベントや瞑想には適用されないと判断しました。
Plowman氏は、Appleとの対立について憤りを表明しつつも、Appleは変更に応じる可能性があると考えています。また、Insight Timerのアプリは最新.updateでは、チップ機能を教師のプロフィールページに限定するものに変更し、Appleのルールを遵守しました。この問題を共有し、建設的な方法で情報を広めてほしいと述べました。


Pexelsによる写真提供

Insight Timer CEO Christopher PlowmanがAppleのApp Storeルールの恣意的な適用に苛立っている。Insight Timerは、年60ドルの定期購読料を支払い、ガイド付き瞑想やヨガクラスなどにアクセスできる瞑想アプリである。2022年、Insight Timerはユーザーに対してデジタル寄付やチップを提供する機能を開始したが、Appleがこれらの支払いをデジタルコンテンツの購入と見なし、App Store内アプリ購入手数料の対象とした。AppleはInsight Timerに、チップリンクを許可する一方で、ライブイベントや瞑想の寄付をチップとは見なさないことを要求した。2023年の収益の一部では、$60の定期購読料の15〜30%がAppleに支払われ、残りはInsight Timerと参加する教師に平等に分配される。AppleはInsight TimerにApp Storeルールの順守を要求し、2月の締め切りまでに追加アップデートを提出するよう要求していた。PlowmanはAppleが変更に同意する可能性があると考えており、建設的な方法で自身の物語を共有するよう求めている。

引用元記事はこちら
Insight Timer CEO Upset With Apple’s Abrupt Enforcement of App Store Rules