Image Credit:iOS 17.4 Beta Adds CarPlay Option to Show Upcoming Maneuvers in Instrument Cluster

今日、AppleがリリースしたiOS 17.4の第4ベータ版には、新しいCarPlay機能が追加されました。これにより、CarPlayユーザーは操作情報を表示するApple Mapsオプションを活用できます。メインのマップ画面の右上に配置されたマップ構成ボタンをタップすることで、表示タイプを切り替えることも可能です。この新機能追加は、今年導入された新しい次世代CarPlay体験とは別物で、2024年から高級車で利用できる予定のようです。iOS 17.4アップデートでは、運転者ディスプレイにもターンバイターンの案内を表示でき、ドライバーが直視せずにナビゲーションが可能となります。このアップデートは、現在は開発者とパブリックベータテスター向けで、3月に一般公開される予定です。


Pexelsによる写真提供

本日リリースされたAppleのiOS 17.4の第4ベータ版では、新しいCarPlayの機能が追加されました。サポートされているCarPlay車両では、自動車のブラヴ゙ップで次の操作情報を表示するApple Mapsオプションが追加されました。CarPlayユーザーは、メインのMaps画面の右上にある地図構成ボタンをタップすることで、表示タイプをメイン画面とブラヴ゙ズ゙クラスダに切り替えることができます。今年、Appleは2024年に高級車から表示される新しい次世代CarPlay体験を紹介しましたが、この機能の追加はそれとは別です。
この新しい体験は、デュアルスクリーンのApple Maps CarPlay体験をサポートする車両で利用可能になりそうで、運転席のディスプレイやHUDに追加のApple Mapsビューが表示されるようです。BMW、Volvo、Polestarなどが初めて一部の車両で採用を始めたものの、これらの車両ではApple Mapsビューが表示されていましたが、次に来るターンやレーンガイダンスなどのテキストプロンプトは表示されていませんでした。iOS 17.4アップデートでは、運転席のディスプレイにターンバイターンのナビゲーションがオプションで表示されるため、CarPlayユーザーは目の前のディスプレイを見る必要なくナビゲートできるようになります。
iOS 17.4は現在開発者や一般のベータテスター向けに限定されていますが、3月に一般リリースされる予定です。

引用元記事はこちら
iOS 17.4 Beta Adds CarPlay Option to Show Upcoming Maneuvers in Instrument Cluster