Image Credit:Apple Investigating ‘Ghost Touches’ Issue Affecting Some Series 9 and Ultra 2 Watches

アップルは、アップルウォッチシリーズ9とアップルウォッチウルトラ2の一部のディスプレイに影響を与えるタッチに関連する問題を調査しているとのことです。問題により、画面が不規則にジャンプしたり、予期しない動作をしたりする可能性があります。この問題は偶発的に電話をかけることもあり、パスコードの入力ができなくなる場合もあるとアップルは説明しています。アップルは、この問題に対処するために将来のwatchOSのアップデートで対応できることを期待しており、顧客にはアップルウォッチのソフトウェアを最新の状態に保つよう推奨しています。問題の拡大状況や修正のタイムフレームについては明言されていません。また、欠陥のあるハードウェアが原因となっているかどうかも不明です。アップルは調査中のため、修理するようテクニシャンに指示しておらず、問題のあるアップルウォッチのユーザーには強制再起動を行うように依頼しています。強制再起動は、デジタルクラウンとサイドボタンを同時に少なくとも10秒間押し続け、アップルのロゴが表示されるまで待つことです。アップルウォッチシリーズ9とアップルウォッチウルトラ2は、2023年9月に発売されました。


Pexelsによる写真提供

アップルは、Apple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2の一部のディスプレイに影響を与えるタッチに関連する問題を調査していることを、Appleの公認修理サービスプロバイダ向けに共有した内部メモで明らかにしました。この問題により、一部の顧客はディスプレイ上で誤ったタッチが発生すると報告しています。問題は、ディスプレイが乱れて動いたり、操作しないで予期せぬ動作をしたりすることがあります。また、問題が発生すると、Apple Watchが意図せずに電話をかけたり、デバイスのパスコードが入力できなくなることもあります。アップルは、今後のwatchOSのアップデートで問題を解決できる可能性があるとして、顧客にApple Watchのソフトウェアを最新の状態に保つことを推奨しています。アップルは、問題の広がり具合や修正の目安については明言していません。欠陥のあるハードウェアが問題の一因であるかどうかは不明です。アップルは、調査中の間は修理を行わないように指示しており、その間、技術者は問題が発生している顧客に対して、デジタルクラウンとサイドボタンを同時に少なくとも10秒間押し続け、Appleのロゴが表示されるまで再起動を行うように指示しています。Apple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2は2023年9月に発売されました。

引用元記事はこちら
Apple Investigating ‘Ghost Touches’ Issue Affecting Some Series 9 and Ultra 2 Watches