Image Credit:iOS 17.4 Allows Video Calling Apps to Turn Off Hand Gesture Reactions to Prevent Awkward Moments

iOS 17、iPadOS 17、およびmacOS Sonoma以降、FaceTimeアプリや他のビデオ会議アプリで、手のジェスチャーを使用して3D効果で画面を埋めることができるようになりました。例えば、両方の親指を立てると画面に花火が表示され、両手でピースサインを作ると紙吹雪が表示されます。
残念ながら、この新機能がデフォルトでオンになっていることを知らないユーザーが多く、オンラインセラピーのセッションやビジネスミーティングなど重要なビデオ通話中に些細な瞬間が発生しています。
幸い、Appleは解決策を提案しています。
iOS 17.4およびiPadOS 17.4と共に、Appleはビデオ会議アプリがアプリ内でジェスチャーベースのリアクションをデフォルトでオフにできる新しいAPIをリリースする予定です。ただし、まだmacOS 14.4については確認していません。
iOS 17.4、iPadOS 17.4、およびmacOS 14.4は現在ベータ版であり、ソフトウェアのアップデートは3月にリリースされる予定です。
ユーザーは既にiPhone、iPad、およびMac上で簡単にこの機能を自分でオフにすることができます。


Pexelsによる写真提供

iOS 17やiPadOS 17、macOS Sonoma以降のバージョンでは、FaceTimeアプリや他のビデオ会議アプリで手のジェスチャーを使って画面に3D効果を表示することができます。例えば、画面に花火が表示されるように、両方の親指を立てることもできますし、紙吹雪を表示するために両手でピースサインをすることも可能です。

残念ながら、多くのユーザーがこの新機能がデフォルトでオンになっていることを知らないため、オンラインセラピーのセッションやビジネスミーティングなどの重要なビデオ通話で、いくつかの困った場面や恥ずかしい瞬間が発生しています。

しかし、Appleは解決策を提案しています。

iOS 17.4やiPadOS 17.4と並行して、Appleはビデオ会議アプリがアプリ内でジェスチャーによるリアクションをデフォルトで無効化できる新しいAPIを提供する予定です。情報はMacRumorsの寄稿者であるAaron Perris氏が入手したものです。ただし、macOS 14.4についてはまだAPIが提供されているかどうかは確認できていません。

iOS 17.4やiPadOS 17.4、macOS 14.4は現在ベータ版であり、ソフトウェアのアップデートは3月にリリースされる予定です。

既に、ユーザーは自分自身のiPhoneやiPad、Macで簡単にこの機能をオフにすることができます。

引用元記事はこちら
iOS 17.4 Allows Video Calling Apps to Turn Off Hand Gesture Reactions to Prevent Awkward Moments