Image Credit:iFixit Shares Apple Vision Pro Teardown

iFixitがApple Vision Proの分解動画を公開しました。内部にはカメラやセンサーのアレイ、ファン、レンズモーターなどのコンポーネントがありますが、分解や修理は困難なようです。Vision ProにはM2チップが搭載され、8コアのCPU、10コアのGPU、16コアのニューラルエンジン、16GBの統合メモリが搭載されています。他の仕様には最大1TBのストレージと、12のカメラ、5つのセンサー、6つのマイクからの入力を処理する新しいR1チップもあります。Wallpaper*はVision Proの内部写真を先週金曜日に公開し、Appleのソフトウェアデザイン担当副社長のAlan Dye氏とハードウェアデザイン担当副社長のRichard Howarth氏による独占インタビューも行いました。Vision Proは金曜日に米国で発売され、今年後半に追加の国々でも販売される予定です。


Pexelsによる写真提供

iFixitは、AppleのVision Proという混合現実ヘッドセットの分解動画を公開しました。分解すると、Vision Proの内部には様々なコンポーネントがあります。例えば、カメラやセンサーのアレイ、ファン、レンズモーターなどです。予想通り、ヘッドセットの分解や修理は難しそうです。
Vision Proは、M2チップを搭載しており、8コアCPU、10コアGPU、16コアのニューラルエンジン、16GBの統合メモリを備えています。その他の仕様には最大1TBのストレージがあり、新しいR1チップも装備されています。R1チップは、「12のカメラ、5つのセンサー、6つのマイクからの入力を処理し、ユーザーの目の前にコンテンツが現れるようにする」とされています。
壁紙*というウェブマガジンは、Vision Proの内部構造の画像を公開しました。この画像は、Appleのソフトウェアデザイン担当の副社長であるAlan Dye氏とハードウェアデザイン担当の副社長であるRichard Howarth氏とのインタビュー記事の一部で公開されました。
Howarth氏は、「Vision Proは、Solo Knit Bandといった柔軟な素材や柔らかいテクスチャーなどを使用してデザインされており、人々が身体的に快適に装着できるだけでなく、他の人々の周りでも楽しんで着用できるようになっています」と述べています。
Vision Proは、金曜日にアメリカで発売され、年内に他の国でも利用可能になる予定です。

引用元記事はこちら
iFixit Shares Apple Vision Pro Teardown