Image Credit:Death Stranding Director’s Cut Now Available on iPhone, iPad, and Mac

アクションゲームの「Death Stranding」が、本日よりiPhone、iPad、Apple Siliconを搭載したMacで正式に利用可能となりました。このゲームは、PlayStation 5(2021年)とPC(2022年)で既にリリースされており、Mac向けのディレクターズカット版は、伝説的なゲームクリエイターである小島秀夫氏によって、WWDC 2023で発表されました。このバージョンは、Apple siliconのゲームパフォーマンスの可能性を示すために作られました。Appleはその後、9月の「Wonderlust」iPhoneイベントで、iPhone 15 Proのバージョンも予告しました。
プレイヤーは「Walking Dead」で有名なノーマン・リーダスが演じるサム・ブリッジスの役割を担い、死後の世界から出現する異形の存在が徘徊する荒廃した世界で、孤立した植民地に供給物資を届け、ワイヤレスネットワークで再接続するという使命を帯びます。
MacRumors姉妹サイトのTouchArcadeでは、ゲームの最新レビューを提供しており、iPhone 15 ProおよびiPhone 15 Pro Maxデバイス、およびAppleのMシリーズチップを搭載したMacで利用できます。
「Death Stranding Director’s Cut」は現在、App Storeで19.99ドルのプロモーション価格で提供されています(通常価格は39.99ドル)。これはユニバーサル購入であり、iPhone 15 Pro、iPadOS、macOSのバージョンを単一の購入で手に入れることができ、デバイス間の進行状況の同期もサポートしています。
ポストアポカリプスのオープンワールドアクションゲーム「Death Stranding」が、本日、iPhone、iPad、そしてAppleのシリコンを搭載したMacで公式に利用可能となりました。
このゲームは、PlayStation 5(2021年)およびPC(2022年)で先にリリースされており、Mac版のディレクターズカット版は、伝説的なゲームクリエイターである小島秀夫氏がWWDC 2023で発表し、Appleのシリコンのゲームパフォーマンスの可能性を示すために作られました。その後、Appleは9月の「ワンダーラスト」iPhoneイベントでiPhone 15 Proバージョンの予告編も公開しました。
ゲーマーは、『ウォーキングデッド』で知られるノーマン・リーダスが演じるサム・ブリッジズというキャラクターになり、デス・ストランディングと呼ばれる壊滅的な出来事の後、遠隔地のコロニーに物資を届け、ワイヤレスネットワークでそれらを再接続する役割を果たします。残念なことに、この出来事によって生と死の間に扉が開かれ、霊界からの醜悪な生物が荒廃した世界を徘徊します。
MacRumorsの姉妹サイトであるTouchArcadeでは、ゲームの更新されるレビューが掲載されており、iPhone 15 ProおよびiPhone 15 Pro Maxデバイス、およびAppleのMシリーズのチップを搭載したMacをサポートしています。
「Death Stranding Director’s Cut」は現在、アプリストアでプロモーション価格の19.99ドル(通常価格39.99ドル)でリストされています。なお、これはユニバーサル購入であり、iPhone 15 Pro、iPadOS、およびmacOSのバージョンを単一の購入で提供し、クロスデバイスの進行状況の同期もサポートしています。

引用元記事はこちら
Death Stranding Director’s Cut Now Available on iPhone, iPad, and Mac