Image Credit:Apple Watch Sales Ban Reinstated in U.S. Effective Tomorrow

米国連邦控訴裁判所は、AppleのApple Watch販売禁止仮処分を審理する中、Appleの停止措置申請を却下しました。申請却下により、1月18日午後2時(太平洋時間)より、販売禁止が再び実施されることになります。
この措置により、Appleは米国内で血中酸素濃度測定機能を備えたApple Watchモデル(Series 9およびUltra 2を含む)を販売することができなくなります。この販売禁止は先月始まりましたが、Appleが仮処分を受けたことで一時的に中断されていました。
昨年、米国国際貿易委員会(ITC)は、Apple Watchの血中酸素濃度測定機能がMasimoのパテントを侵害していると裁定し、輸入および販売禁止を命じました。MasimoはAppleが自社の技術を盗用し、従業員を引き抜いたと主張しています。
Appleは、控訴を継続しながら、販売禁止を回避するために、バージョンを改良したApple Watch Series 9およびUltra 2モデルを販売する可能性がありますが、血中酸素濃度測定アプリを搭載しない形での販売となるでしょう。
また、BloombergのMark Gurmanによると、Appleは血中酸素濃度測定アプリのアルゴリズムを調整するソフトウェアアップデートを準備しており、Masimoの特許技術を回避することを試みる予定です。しかし、この取り組みが成功するかどうかは不明であり、AppleとMasimoの法廷闘争はまだ終わっていない可能性があります。
米国連邦控訴裁判所によると、AppleのApple Watch販売禁止仮処分の差し止め保留申請は認められず、禁止仮処分は明日再開されることになりました。これにより、Appleは血中酸素濃度測定機能のあるApple Watchの販売ができなくなります。禁止措置は先月に発効されましたが、一旦差し止められていました。
米国国際貿易委員会は昨年、Apple Watchの血中酸素濃度計測機能がMasimoの特許を侵害していると判断し、輸入と販売の禁止を命じました。AppleはMasimoに対して技術の盗用と従業員の引き抜きを行ったとされています。
Appleは引き続き控訴する一方、販売禁止を回避するために米国で血中酸素濃度測定アプリのない改良版のApple Watch Series 9やUltra 2を販売する予定です。
Masimoの広報担当者は「AppleがリデザインしたApple Watchに血中酸素濃度計測機能がないと主張することは責任の一歩であり、世界有数の大企業であるべきAppleが小企業の知的財産権を尊重し、侵害が発覚した場合には国際貿易委員会の命令に従うことが特に重要です」とコメントしました。
長期的な対策として、BloombergのMark Gurmanが報じたところによれば、Appleは血中酸素濃度測定アプリのアルゴリズムを調整するソフトウェアアップデートを準備しているとのことですが、この試みが成功するかどうかは不明であり、AppleとMasimoの法的な争いはまだ終わっていないようです。

引用元記事はこちら
Apple Watch Sales Ban Reinstated in U.S. Effective Tomorrow