Image Credit:OLED iPad Pro Displays Now in Production, Devices to Ship in April

新しい情報によると、Appleの次世代iPad Proモデルの両方にはOLEDディスプレイが搭載され、今週中に生産段階に入る予定です。これにより、デバイスの出荷が4月に開始される見込みです。韓国のメディアによると、LG Displayは最近、新しい13インチiPad Proのディスプレイ用の薄膜トランジスタ(TFT)の製造を開始したとされます。一方、Samsungも今週、新しい11インチiPad ProのTFTの製造を開始する予定です。TFTは、個々のOLEDピクセルをオンまたはオフにするためのスイッチ的な役割を果たします。

完成した11インチと13インチのOLED iPad Proモデルは、今日の報告によれば、3月頃から量産に移行し、4月の予定された発売に間に合うようになると予想されています。アップルのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は、新しいiPad Proモデルは2024年第2四半期(4月から6月)に発売されると予想しています。

今日の報告と以前のBloombergの報告は、新しいiPad Proモデルが3月のイベントで発表され、初めて2つのサイズで利用可能な新しいiPad Airとともにリリースされる可能性があることを示唆しています。通常、アップルはイベント中またはその後の1週間から2週間で予約を開始し、その翌週にデバイスを顧客に配送することが多いです。

OLEDディスプレイはiPadラインナップにおいて初めての採用です。アップルはiPhoneやApple WatchでOLED技術を使用していますが、大型のOLEDスクリーンはより高価です。LEDやミニLEDに比べて、OLEDはより深い黒と鮮やかな色を実現します。

報道によれば、アップルのOLED iPad Proの出荷見通しは、昨年予想されていた1,000万台から減少して800万台になるとされています。この減少は、アップルの製品ラインナップ全体での不振の結果とされています。昨年は新しいiPadモデルがリリースされなかったため、積み上がった需要が低迷する売上を補うかどうかが注目されます。

新しいディスプレイに加えて、iPad Proモデルは最新のM3チップを搭載する見込みです。このチップは昨年発売された新しいMacBook Proモデルでデビューし、3ナノメートル技術を採用しており、現在のiPad Proに使用されているM2チップよりも注目すべきグラフィックスの向上が期待されます。iPhoneに使用されているディスプレイの価格の3倍になると予想されており、それが顧客にとってより高い価格となる可能性があります。また、スクリーンがやや大きくなり、タブレット自体がやや薄くなるため、アップルはデバイス用に再設計されたMagic Keyboardアクセサリーもリリースするとの噂があります。


Pexelsによる写真提供

新しい報告によると、Appleの次世代iPad Proモデルの両方に搭載されるOLEDディスプレイは、今週中に生産段階に入り、4月にデバイスの出荷が開始される予定です。韓国のメディアによると、LGディスプレイは最近、新しい13インチiPad Proのディスプレイ用の薄膜トランジスタ(TFT)の製造を開始しました。一方、Samsungは今週、新しい11インチiPad ProのTFTの製造を開始する予定です。TFTは、個々のOLEDピクセルをオンとオフにするためのスイッチの役割を果たします。
完成した11インチと13インチのOLED iPad Proモデルは、今日の報告によれば、3月頃に量産に入り、4月に予定されているリリースに間に合う予定です。アナリストのMing-Chi Kuoによれば、新しいiPad Proモデルは2024年第2四半期、つまり4月から6月に発売されると述べています。
The Elecの報告によると、この時期は、先に報告されたBloombergの報告とも一致しており、新しいiPad Proモデルが3月のイベントで発表され、初めて2つのサイズで利用可能な新しいiPad Airとともに発売される可能性があることを示唆しています。通常、Appleはイベント中またはイベント後の1~2週間後に予約受付を開始し、その後、翌週にデバイスを顧客に配送します。
OLEDディスプレイはiPadシリーズでは初めてです。AppleはiPhoneとApple WatchにOLED技術を使用してきましたが、大型のOLEDスクリーンはより高価です。LEDやmini-LEDと比較して、OLEDはより深い黒と鮮やかな色をもたらします。
報告によると、AppleのOLED iPad Proの出荷予測は800万台に減少し、昨年予測されていた1000万台から下方修正されています。この減少は、Appleの製品ラインナップ全体で不振が続いたことを反映していると言われています。昨年は新しいiPadモデルがリリースされていないため、需要の蓄積が不振な売り上げを相殺できるかどうかは興味深いです。

新しいディスプレイに加えて、iPad Proモデルには、Appleの最新のM3チップが搭載される予定です。このM3チップは昨年の新しいMacBook Proモデルでデビューし、3nm技術で製造されており、現在のiPad Proで使用されているM2チップに比べて顕著なグラフィックスの改善が期待されています。
iPhoneに使用されているディスプレイの価格の3倍になると予想されており、それにより顧客への価格も大幅に上昇する可能性があります。また、画面がやや大きくなり、タブレット自体もやや薄くなるため、Appleはデバイス用にデザインが一新されたMagic Keyboardアクセサリーをリリースするとのうわさもあります。

引用元記事はこちら
OLED iPad Pro Displays Now in Production, Devices to Ship in April