Image Credit:It sure looks like X (Twitter) has a Verified bot problem

X(以前の名前はTwitter)という会社には、Verified bot(認証されたボット)の問題があるようです。Xのオーナーであるイーロン・マスク氏は、認証に料金を課すことで、プラットフォーム上のボット(自動化されたアカウント)を取り除くことができると提案しましたが、それは事実ではありません。Instagramの競合プラットフォームであるThreadsで再生回数が増えている動画では、Xの検索結果には、様々なボットが多数表示されており、その中には青いチェックマークが付いた認証済みアカウントも含まれています。これらのボットは、”I’m sorry, I cannot provide a response as it goes against OpenAI’s use case policy.”というフレーズのバリエーションを投稿しています。このレスポンスは、OpenAIのチャットボットが、利用規約に違反する質問やタスクを依頼された場合に発するものです。これは、該当するXのアカウントがAIを使用して投稿していることを示しています。
この検索結果の動画は、シカゴを拠点とする作家で、元々はメディア・マターズの編集者であったパーカー・モロイ氏によってThreadsに投稿されました。彼は「Twitterはゴーストタウンだ」とコメントしています。
イーロン・マスク氏は、その一方で、非営利団体であるメディア・マターズを名誉毀損で訴えています。この団体は、プラットフォーム上においてヘイトスピーチの隣に広告が表示されているスクリーンショットを掲載した記事を公開したというものです。この訴訟は、潜在的な収益を損なう広告主の流出が起こっている中で提起され、イーロン・マスク氏はこの問題についてのインタビューで、「逃げる広告主は自分たちのことを ‘go f***’ すべきだ」と述べています。
もしもThreadsでモロイ氏の動画を見ることができない場合は、こちらのクエリを使用してXの検索結果を直接確認することができます。
コメント欄には、ボットの活動がX自体から発生している可能性があると主張するユーザーもいます。彼らは、これらの青いチェックマークの付いたアカウントの多くが、以前は使われていなかったアカウントであると指摘し、それが取り戻され、その後AIを使用してアカウントを自動化している青いチェックマークに変わっていると主張しています。彼らは、これは日々のアクティブユーザーや月間アクティブユーザーなどのメトリクスを向上させるための試みかもしれないと示唆しています。
実際、少なくともいくつかのボットアカウントは、Xのプロフィールに表示される「参加日」によれば以前のものであるようです。たとえば、こちらの例をご覧ください。これらのアカウントは、おそらくAIのクエリの出力であるかのようなコンテンツも投稿しています。
もちろん、これはアカウントがX自体によって運営されていることを証明するものではありません。それはむしろ、放置されたTwitterのハンドルネームをスパマーが占拠した可能性があることを示しています。
それでも、少なくともこれは不審な行為であり、有料の認証だけではXのボット問題への解決策ではないことを証明しています。マスク氏は、ソーシャルネットワークを一年以上前に買収した時点で、ボット問題に取り組む決意を表明していました。最近では、「広大なボット軍団」と戦うために、誰もがXに「小さな月額料金」を支払う必要があると提案しました。
これらのボットからの投稿は、Xの問題ではありますが、AIを活用したアカウントが唯一の問題ではありません。多くのボットやボットファームは、OpenAIの支援なしで運営されており、検出が難しいです。ソーシャルメディアのアナリティクスおよびパブリッシングプラットフォームであるFedicaから引っ張られたデータによれば、過去30日間でOpenAIの自動応答を投稿したアカウントは202個しかありませんでした。こちらのクエリをご覧ください。数人はボット問題について冗談を言っていましたが、大部分はAIの応答でした。Xによって既に削除されたボットもあるかもしれませんが、そのデータは利用できません。
認証済みボットは、主に2023年11月24日から26日の期間に作成されたXのアカウントのようです。
これはXがボットと闘っている唯一の分野ではありません。同社は昨年夏、新しいDM設定を発表する際に、認証済みスパマーの問題を認めています。新機能は、メッセージを追わないVerifiedユーザーからのメッセージを「メッセージリクエスト」の受信トレイに移動することで、ユーザーのダイレクトメッセージのスパムを減らすことを目的としています。これは、Xの認証システムが望んだようにスパマーを取り除いていなかったことを示しています。
Xは、この問題に関するコメントには応じていません。
マスク氏によると、同社は月間5億5000万人のユーザーを有しており、同社のCEOであるリンダ・ヤッカリーノ氏によれば、同社は1日あたり500万件の投稿(投稿、返信、引用投稿、再投稿を含む)を見ています。ただし、どちらの幹部もボットがこれらのメトリクスに影響を与えているかどうかは明言していません。


Pexelsによる写真提供

Xは、以前はTwitterとして知られていた会社であり、認証済みボットの問題を抱えています。Xのオーナーエロン・マスクは、ユーザーに認証のために支払いを求めることで、プラットフォーム上のボット(自動化されたアカウント)を取り締まることができると提案しましたが、それは実際のところそうではないようです。Instagram Threadsというライバルプラットフォームで人気が出ているビデオは、Xの検索結果を示しており、多くのボットが「OpenAIの利用ケースポリシーに違反するため、応答を提供することができません」というフレーズを投稿しています。この応答は、ユーザーがOpenAIの利用規約を違反した質問やタスクの実行を要求した場合にOpenAIのチャットボットが言うものです。この場合、そのXアカウントがAIを使用して投稿を作成していることを示しています。このビデオは、シカゴを拠点とする作家兼元メディアマターズ編集者のパーカー・モロイがThreadsに投稿したもので、「Twitterはゴーストタウンだ」とコメントしています。

Xは、検証されたスパマー問題も抱えていることを認めており、新しいDM設定の発表時にその問題に対処するために取り組んでいます。これらの新機能は、フォローしていない検証済みユーザーからのメッセージを「メッセージリクエスト」の受信トレイに移動することで、ユーザーのダイレクトメッセージのスパムを減らすことを目的としています。これは、Xの認証システムがスパマーを取り除くことができなかったことを示す別のサインです。

これらのボットアカウントの中には、古いアカウントのようなものもあり、Xのプロフィールに表示される「参加日」が古いことも確認できます。また、これらのアカウントはAIのクエリの出力のようなコンテンツを投稿しており、おそらくそれが事実であるでしょう。

ただし、これはX自体がアカウントを運営している証拠ではなく、放棄されたTwitterのハンドルネームを占有したスパマーによるものかもしれません。

課金された認証だけではXのボット問題に対する解決策ではないということは、最低限疑わしいと言えますし、マスクがソーシャルネットワークを買収したことから解決しようとした問題であることも確かです。最近では、マスクはプラットフォーム上の「膨大なボットの軍団」に対抗するために、誰もがXに「小さな月額料金」を支払う必要があると提案しました。

これらのボット投稿だけでなく、AIによるアカウントもXが抱える問題の一つです。オープンAIの支援なしで運営される多くのボットやボットファームも検出が難しいです。Fedicaというソーシャルメディア分析・パブリッシングプラットフォームから取得したデータによると、過去30日間にOpenAIの自動応答を投稿したアカウントは202件だけで、本物の人々がボット問題について冗談を言っているものもありますが、大部分はAIの応答です。さらに、Xによって既に削除されたボットもあるかもしれませんが、そのデータは利用できません。

認証済みボットは、2023年11月24日から26日にかけて作成されたXアカウントのもののようです。

Xがボットに苦しんでいるのはこの分野だけではありません。会社は昨年夏に、新しいDM設定の発表とともに、認証済みスパマーの問題を認めました。新機能は、フォローしていない検証済みユーザーからのメッセージを「メッセージリクエスト」の受信トレイに移動することで、ユーザーのダイレクトメッセージのスパムを減らすことを目的としています。これは、Xの認証システムがスパマーを取り除くことができなかったことを示す別のサインです。

この件に関するコメントのリクエストにXは返答していません。

マスクによれば、Xは月間5.5億人のユーザーを抱えており、1日には5億回の投稿が行われているとのことですが、ボットがこれらの指標にどの程度影響を与えているかは明言されていません。

引用元記事はこちら
It sure looks like X (Twitter) has a Verified bot problem