Image Credit:CES 2024: Satechi Debuts New Qi2 Wireless Charging Stands

Satechiは、3-in-1折りたたみ式Qi2ワイヤレス充電スタンドと2-in-1折りたたみ式Qi2ワイヤレス充電スタンドの2つの新しい充電オプションを発表しました。次世代のQi2充電技術により、Satechiの充電器は、Appleの公式のMagSafe充電器と同様に、最大15WでMagSafe対応のiPhoneを充電することができます。
Satechiの3-in-1スタンドには、5WのApple Watch充電器とAirPods用の5Wワイヤレス充電器も搭載しており、2-in-1スタンドにはAirPodsの充電用のスポットがあります。どちらの充電器も、ヴィーガンレザーのベース、アルミニウムのハウジング、そして柔らかいシリコンの充電パックを特徴としており、使わない時には折りたたんで持ち運ぶことができます。
Satechiの3-in-1スタンドは、Apple Watch Series 7以降のモデルに対しても高速充電が可能であり、45WのUSB-C電源アダプタが付属しています。Qi2は、従来のQi規格の7.5Wの制限がないため、これらのスタンドはMagSafeスタンドと同様に動作します。
3-in-1折りたたみ式Qi2ワイヤレス充電スタンドの価格は130ドルで、2-in-1折りたたみ式Qi2ワイヤレス充電スタンドの価格は80ドルに設定されています。両方の充電器は2024年第2四半期に発売される予定です。
また、Satechiは本日、同社初のメカニカルキーボードオプションであるSM1スリムバックライトBluetoothキーボードの発売も発表しました。このキーボードはMacと互換性があり、価格は100ドルです。
Satechiが、3-in-1折りたたみ式Qi2ワイヤレス充電スタンドと2-in-1折りたたみ式Qi2ワイヤレス充電スタンドを発表しました。次世代のQi2充電技術により、Satechiの充電器は、Appleの公式のMagSafe充電器と同じく、最大15WでMagSafe対応のiPhoneを充電することが可能です。
Satechiの3-in-1スタンドには、5WのApple Watch充電器と、AirPods用に設計された5Wのワイヤレス充電器も含まれています。一方、2-in-1スタンドにはAirPodsを充電するスポットがあります。どちらの充電器も、ヴィーガンレザーのベース、アルミニウムのハウジング、柔らかなシリコン製の充電パックを備えており、使用しない時には折りたたむことができます。
Satechiの3-in-1スタンドは、Apple Watch Series 7以降のモデルに高速充電が可能であり、45WのUSB-C電源アダプタも付属しています。Qi2は、従来のQi規格の7.5Wの制限がなく、MagSafeと同じ磁力プロファイルを使用しているため、これらのスタンドはMagSafeスタンドと同様に機能します。
3-in-1折りたたみ式Qi2ワイヤレス充電スタンドは130ドルで、2-in-1折りたたみ式Qi2ワイヤレス充電スタンドは80ドルで販売されます。どちらの充電器も2024年第2四半期に発売予定です。
また、Satechiは、初めてのメカニカルキーボード製品であるSM1スリムメカニカルバックライトBluetoothキーボードの発売も発表しました。このキーボードはMacに対応しており、価格は100ドルです。

タグ:Satechi、CES 2024

引用元記事はこちら
CES 2024: Satechi Debuts New Qi2 Wireless Charging Stands