Image Credit:CES 2024: Withings Launches ‘BeamO’ Home Health Scanner

Withingsは、iPhoneに接続されたスマートスケールのラインナップで知られていますが、今日は4-in-1のホームヘルスチェックアップデバイスであるBeamOを発表しました。
BeamOは、ECG、パルスオキシメーター、聴診器、体温計のセンサーを1つのデバイスに統合した「マルチスコープ」です。Withingsによれば、BeamOは「未来の体温計」であり、体温を測定するだけでなく、心臓や肺の健康についてのフィードバックも提供できます。
BeamOの側面には電極があり、血中の酸素レベルや心拍数を検出することができ、Apple WatchのECG機能と同様に1リードのECGも行うことができます。
体温計は側頭動脈から体温を検出し、圧電ディスクで胸部や背中の音響波をキャプチャし、テレヘルスの予約時に医師に提供することができます。
Withingsによれば、BeamOは1分以内で体のチェックアップを提供し、発熱、感染、房室細動などの可能性のある心血管の問題についてユーザーに警告することができます。
BeamOは2024年6月に発売予定で、価格は250ドルになります。


Pexelsによる写真提供

Withingsは、iPhoneに接続するスマートスケールのラインアップで知られているが、本日は4-in-1の自宅健康チェックアップデバイスであるBeamOを発表した。BeamOは、ECG、脈拍酸素濃度計、聴診器、体温計のセンサーを1つのデバイスに統合した「マルチスコープ」である。Withingsによれば、BeamOは「将来の体温計」であり、体温の測定だけでなく、心臓と肺の健康についてのフィードバックも提供できるという。BeamOの側面には電極があり、これにより血液中の酸素濃度や心拍数を検出できるほか、Apple WatchのECG機能に似た単極心電図も行うことができる。体温スキャナーは側頭動脈から体温を検出し、圧電ディスクを使用して胸や背中の音波をキャプチャし、テレヘルスの診察中に医師に提供することができる。Withingsによれば、BeamOは1分以内で体のチェックを行い、発熱、感染症、心房細動などの心血管疾患の可能性に注意を喚起することができると述べている。BeamOは2024年6月に発売予定であり、価格は250ドルとなる予定だ。タグ:Withings、CES 2024

引用元記事はこちら
CES 2024: Withings Launches ‘BeamO’ Home Health Scanner