Image Credit:Vision Pro 2 Rumored to Gain Brighter and More Efficient Displays

市場調査会社Omdiaによると、Appleの第2世代のVision Proヘッドセットは、より高い輝度と改良された効率性を提供する高度なマイクロOLEDディスプレイを搭載する予定です(The Elecによる報道)。
報道によれば、Appleは2027年にVision ProをRGB OLEDoSディスプレイにアップグレードする計画であり、これは最初のモデルで使用されているカラーフィルタ付きWOLEDに比べて注目すべき改善です。RGB OLEDoSテクノロジーは、RGBサブピクセルから直接光と色を生成し、カラーフィル ターの必要性をなくします。
これにより、WOLEDおよびカラーフィルタ技術に比べて著しく高い輝度が得られるだけでなく、効率も向上します。
Samsungは、今年の早い時期にeMaginを買収したことにより、現在、RGB OLEDoSディスプレイを供給する唯一の企業です。Appleがこのアップグレードを実施する場合、同社はおそらくソニーから供給チェーンを引き継ぐことになります。
また、AppleのアナリストであるMing-Chi Kuoは、Omdiaと同様に第2世代のVision Proヘッドセットの発売時期として2027年を前にしています。彼は2027年までVision Proのハードウェアのアップデートはない可能性もあると述べています。Appleが2025年に低価格のヘッドセットを発売する予定であるとの報道もありますが、これらの計画が実現するかには疑問があります。
アップルの2代目ビジョンプロヘッドセットは、より高い輝度と改善された効率を提供する、より高度なマイクロOLEDディスプレイを搭載する予定です。市場調査会社のOmdiaによると、アップルは2027年にRGB OLEDoSディスプレイにビジョンプロをアップグレードする計画です。これは、第一世代モデルで使用されているカラーフィルター付きWOLEDに比べて顕著な進歩です。RGB OLEDoS技術は、光と色を近くのRGBサブピクセルから直接生成するため、カラーフィルターの必要性がなくなります。これにより、WOLEDとカラーフィルターOLEDoSディスプレイに比べて著しく高い輝度が実現されます。また、WOLEDとカラーフィルター技術よりも効率が良くなります。
サムスンは、今年にeMaginを買収したことにより、現在唯一RGB OLEDoSディスプレイを供給できる会社です。アップグレードを進める場合、同社がソニーの供給チェーンの一環としてアップルに取って代わる可能性があります。
アップルのアナリストである郭明錤氏は、Omdiaと同様に、第2世代のビジョンプロヘッドセットは2027年に発売されると前もって述べています。彼は、その時までにビジョンプロのハードウェアアップデートが行われない可能性もあると述べています。アップルが2025年までに低価格のヘッドセットを発売する計画を立てているという報告がいくつかありますが、これらの計画が実現するかどうかには疑念の声もあります。

引用元記事はこちら
Vision Pro 2 Rumored to Gain Brighter and More Efficient Displays