Image Credit:Another Apple Designer Joins Jony Ive to Work on Hardware for OpenAI

ブルームバーグによると、Appleのプロダクトデザインの副社長であるタン・タン氏が、Jony Iveが立ち上げたLoveFromに参加し、OpenAIのハードウェア製品のデザインを担当する予定です。
タン氏は、2019年にAppleを離れたJony Iveが設立したデザイン会社、LoveFromに参加する最新のAppleデザイナーとなります。Appleデザインチームの合計14人のメンバーが、現在Appleを離れています。Iveの報告先であったデザイナーは、Appleには約6人しか残っていません。
Iveは、AppleからLoveFromに多くのデザイナーを連れて行きました。これまでに、マーク・ニューソン氏や青柳翔太氏を含む20人以上の元Apple従業員がIveの新しいデザイン会社に参加しています。
ブルームバーグによれば、IveはOpenAIのプロジェクトに取り組むことは、彼がAppleを離れてからの「最も野心的な取り組み」の一つであり、現在の取り組みは才能の採用とコンセプトの創造に焦点を当てているようです。
タン氏はAppleではプロダクトデザインの副社長であり、ハードウェアエンジニアリングのシニア副社長であるジョン・テルヌス氏に報告しています。タン氏は、iPhoneやApple Watch、アクセサリー、AirPodsなどの音響機器のデザインを担当しています。
タン氏はLoveFromでの活動の一環として、OpenAIのハードウェアエンジニアリングをリードします。OpenAIのハードウェアの具体的な目標については詳細が分かっていませんが、ブルームバーグによれば、概念段階のプロジェクトには家庭用デバイスが含まれているとのことです。タン氏は正式には2月にAppleを退職しますが、彼の責任は既に後任に引き継がれています。


Pexelsによる写真提供

ブルームバーグによると、アップルの製品デザイン担当副社長のタン・タン氏が、Jony Iveが創設したLoveFromに参加し、OpenAI向けのハードウェア製品のデザインを担当する予定です。
タン氏は、2019年にアップルを離れたIveが創設したデザイン会社であるLoveFromに参加する最新のアップルのデザイナーとなります。Iveの元デザインチームのメンバーの中からは、これまでに計14人がアップルを去っています。Iveに報告していたデザイナーのうち、現在もアップルに残っているのはわずか約6人だけです。
Iveは、アップルから多くのデザイナーをLoveFromに連れてきました。これまでに、マーク・ニューソン氏や青柳翔太氏など、20人以上の元アップルの従業員がIveの新しいデザイン会社に参加しています。
ブルームバーグによると、IveのOpenAIへの取り組みは、アップルを離れて以来の「最も野心的な取り組み」の一つであり、現在は才能の獲得とコンセプトの創造に焦点を当てて新しい会社にすることを望んでいるようです。
タン氏は現在、アップルで製品デザインの副社長を務め、ハードウェアエンジニアリングのシニア副社長であるジョン・ターナス氏に報告しています。タン氏は、iPhoneやApple Watch、アクセサリー、AirPodsなどのデザインを担当しています。
タン氏はLoveFromでの活動の一環として、OpenAIプロジェクトのハードウェアエンジニアリングをリードします。OpenAIのハードウェアの目標についてはあまり知られていませんが、ブルームバーグによれば、コンセプト段階のプロジェクトには家庭用のデバイスも含まれていると言われています。タン氏は2月に正式にアップルを離れますが、その責任はすでに後任者に引き継がれる予定です。

引用元記事はこちら
Another Apple Designer Joins Jony Ive to Work on Hardware for OpenAI