Image Credit:Apple Releases Second Beta of visionOS 1.1

Appleは本日、開発者向けのVisionOS 1.1のアップデートの2番目のベータ版をリリースしました。このベータ版はパブリックなリリースの前に新機能をテストすることができます。初のベータ版のリリースから1週間後のものとなります。
VisionOSベータ版は、デバイスの設定アプリにアクセスし、デベロッパー向けベータ版をオンにすることでダウンロードできます。ただし、登録済みのデベロッパーアカウントが必要で、新しいソフトウェアをインストールする前にバックアップを作成することをAppleは推奨しています。
VisionOS 1.1では、パスコードを忘れた場合にVision Proをリセットするオプションが追加されました。先日公開されたVisionOS 1.0.3でも同様の機能が追加されました。以前は忘れたパスコードの場合にはAppleに持ち込んでリセットする必要がありました。
このアップデートにより、iMessageの連絡先キーの検証がサポートされ、Vision ProにAppleデバイスの管理が追加されました。これにより、企業や教育機関のIT部門は、iPhoneやiPad、Macと同様にVision Proヘッドセットの管理が可能になります。
Appleのベータ版のノートによると、ユーザーは従来よりもボリューメトリックシーンをより接近させることができ、ボリューメトリックシーンのコンテンツと直接的なインタラクションがより容易になります。つまり、オブジェクトをより近くに配置することができるようになります。
Appleはまた、VisionOSのPersonasを改善し、より自然でリアルな見た目にしました。
本日、Appleは開発者向けのアップデートである「visionOS 1.1」の第2ベータ版をリリースしました。これにより、ソフトウェアが一般公開される前に新機能をテストすることが可能です。第2ベータ版は、先週リリースされた第1ベータ版の1週間後に提供されました。
「visionOS」ベータ版は、デバイスの設定アプリにアクセスし、開発者ベータ版をオンにすることでダウンロードできます。ただし、登録済みの開発者アカウントが必要であり、新しいソフトウェアをインストールする前にバックアップを取ることをAppleは推奨しています。
「visionOS 1.1」では、Vision Proのパスコードを忘れた場合にリセットするオプションが追加されました。この機能は、昨日「visionOS 1.0.3」で一般に公開されたものです。「visionOS」では、パスコードを忘れた場合には以前はAppleに持ち込む必要がありました。
このアップデートでは、iMessageの連絡先キーの検証をサポートしており、Vision ProにAppleデバイス管理機能が追加されました。これにより、企業や教育機関のIT部門は、Vision ProヘッドセットをiPhoneやiPad、Macと同じように管理することができます。
Appleのベータ版ノートによると、ユーザーは従来よりも近くにボリューメトリックシーンを配置することができるようになり、ボリューメトリックシーンのコンテンツと直接的なインタラクションがしやすくなりました。つまり、オブジェクトを自分の近くに配置することができます。
また、Appleは「visionOS」のPersonasを改良し、以前よりも自然で生き生きとした見た目になりました。

引用元記事はこちら
Apple Releases Second Beta of visionOS 1.1