Image Credit:Buying frenzy for Solana Mobile’s second phone drives preorders sky-high

先週、Solana Mobileは、2台目の安価なweb3スマートフォン「Chapter 2」を発表しました。第1世代のSagaは、最初はゆっくりとしたペースで販売が進んでいましたが、最終的にはアメリカとヨーロッパ連合で売り切れるほどの人気でした。その第2世代の端末は、最初から非常に早いペースで売り切れています。

Chapter 2への需要は非常に高く、発表から24時間以内にSolana Mobileは7日間の販売目標を達成しました。発表後24時間で25,000台以上の予約があり、30時間後には30,000台の予約がありました。これにより、新しい端末の販売台数はすでに第1世代のSagaの販売台数を上回りました。

新しいスマートフォンは、先代と同様の特徴を持っています。Androidベースであり、組み込みの暗号通貨ウォレット、Seed Vault、分散型暗号アプリの「dAppストア」があります。価格は初めは$450で、Sagaの$599よりも低価格です。Chapter 2は2025年上半期に出荷される予定です。

Solana Mobileの共同創設者であり、Solana Labsの社長であるRaj Gokalは、「開発者にとって、Solana Mobileはユーザーをインセンティブにするための大きな機会を提供しています」と述べました。「忠実で熱心なユーザーに集中的に配信するための手段を提供し、アプリストアの制限的な手数料を必要とせずにそれを実現します。」

Sagaは最初は需要がほとんどありませんでしたが、価格を$1,000から$599に値下げしたことで人気が出ました。Sagaの所有者に対してBONKトークンなどの暗号通貨の報酬を提供したことも人気の理由でした。その後、他のdAppも同様の報酬を提供し、端末の価値を高めるとさらに多くの人々が購入したのです。

SolanaはChapter 2でも同じマジックを再現しようとしています。Sagaの所有者に提供された非移転可能なNFT「Saga genesis token」は新しい端末の所有者には提供されませんが、「Chapter 2」でこの経験をさらに発展させる予定です。

新しい端末は「開発者とユーザーに完全な自由を与えるため」に、トークンやNFTに制限がなく、制限的な手数料もないようにするために、1年以上の間開発されてきました。


Pexelsによる写真提供

Solana Mobileは、先週「Chapter 2」という名前の新しいウェブ3のスマートフォンを発売したことを発表し、大ヒットを記録しています。この新しいデバイスは、24時間以内に25,000件以上の予約が入り、30時間で30,000件の予約に達しました。これにより、Chapter 2は既にSolanaの初代携帯電話、「Saga」の1年分の販売台数を上回っています。この新しい携帯電話は、Androidベースで、組み込みの暗号通貨ウォレット、シードボールト、分散型暗号アプリケーション用の「dAppストア」などの機能を備えています。Sagaが599ドルで販売されるのに対して、Chapter 2は450ドルで提供されます。Chapter 2は2025年の前半に出荷される予定です。Solana Mobileの共同創設者であり、Solana Labsの社長であるRaj Gokal氏は、「開発者にとって、Solana Mobileはユーザーにインセンティブを与えるための大きな機会を提供しています。彼らには、忠実なユーザーに対して集中した流通チャネルを提供します。それによって、制限的なアプリストアの手数料なしでこれを実現することができます。」と述べています。Solana MobileはChapter 2でSagaと同じような成功を収めることを期待しています。

引用元記事はこちら
Buying frenzy for Solana Mobile’s second phone drives preorders sky-high